・記録1 [横綱授与・奉納手数入り]
 ・記録2 [立行司免許授与・追風像]
 ・所蔵品

■所蔵品 

▲初代吉田追風肖像画

後鳥羽天皇教訓の
「一味清風」
文治二年(1187年)
後鳥羽天皇より勅賜の
獅子王の団扇
後鳥羽天皇より勅賜の木剣
相撲四十八手を定めた「四十八手」の巻
方屋まつりの例式を配した方屋故実の書
野相撲の図(鎌倉時代の武家相撲見取り図)
▲代19世吉田追風肖像画
   
豊臣秀吉より下賜された
日月の団扇
 
唐人馬代より下された
バショウの団扇
  
元亀年中
(1570〜1572年)
関白ニ条晴良公より賜った
一味清風の団扇
  
     
吉田家19代追風が
寛政の上覧相撲に於いて
横綱誕生の際使用した
葡萄の団扇
  
 徳川家康より
下賜された団扇
 
 
寛政三年家斉公上覧相撲の図(江戸城吹上御所)
横綱が始めて誕生した江戸城での上覧相撲を描いたもので、東方大関小野川喜三郎、関脇陣幕、小結九紋龍、西方大関谷風梶之助、関脇雷電、小結柏戸以下相撲者総数百六名「待ッタ」なしの一番勝負で結び三役弓取りまで。
行司は十九代吉田追風、脇行司木村庄之助と「公家相撲上覧之式」に記されている。


11代将軍家斉下賜の小盆 




寛永六年、於濱御庭での
上覧相撲を記録した物で、
「上覧相撲の図 」と共に、
当時の武家相撲の様子が理解できる。
11代将軍家斉公より恩賞目録  
不知火光右衛門の錦絵
肥後藩出身11人目横綱
  
横綱谷風が使用した化粧廻し